Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

栄養欠如からのさまざまな体の症状について

美容と健康とはとても関係が深いと思いといつも思っています。それは年齢を重ねてきても同じで、誰でも健康で美容的にもいつも生き生きしていたいと思っている人は多いです。

自分の場合、肌荒れが悩みの毎日です。美容にはとても気を使っている唇の荒れ。それは年齢を重ねる度に治りにくくなってきている感じです。

ビタミン剤に頼ってみても食事の改善に気を使ってみても少しづつ治りが悪くなっています。

とくに冬場には4、5年前から「どうしてだろう?若い頃にはまったくなかった現象でした。年齢とともに内臓の働きが悪くなってしまったというのでしょうか?

そういえば、いろいろとサプリなどを試しすぎたのかはしれません。

その原因は何かというと、どうも季節的に使う口紅やリップクリームのようでした。どうも、唇がヒリヒリとしたり、使っているとやけに唇が気になってしまう。

それ以降あまりその口紅を使わないようになってしまいました。お肌的には栄養が不足していたせいもあるようですし、肌ケアもとてもおろそかになってしまっているせいでした。

なぜなら洗顔からもあまり気を使わなくなってしまっていたし、乳液や化粧水にも「これでいいのだろうか?」などと気にする時間もあまりありません。

ただ、出かけるときにはとても気になってしまう唇の荒れ。口角の一方がすこし切れてしまってときには血のにじむことも。

ただ、ほかの点については若いころから肌が強かったのでしょう?カサカサやあから顔というものとは縁がなく、なにか顔につけておけば大丈夫のような感じでした。

それでは、どうやったら唇の荒れは改善するのでしょうか?むかしながらの民間療法ならば、ハチミツなどをつけておいておくとよいとは聞いていますが、なにかベタベタした感じで寝るときにしか利用できません。

調べてみると口角炎の原因はさまざまとあってその対処法としてもさまざまあります。具体的な要因として、生活習慣やストレス、疲労、アトピー、食物、化粧品、細菌感染、カビ、ビタミンの欠乏、脂漏性皮膚炎などさまざまです。

自身でできる対処として、口を大きく開けすぎない、患部を舌でさわらない、ぬぐいすぎない、そして室内を乾燥させないなど気をつけることが必要です。

自分で対処しきれない場合、皮膚科や内科、歯科で診てもらえるそうです。軽症のときにはワセリンなどの保湿をすればいいですが、炎症を起こしている場合、ステロイド剤が処方されます。原因によっても処方薬が違ってきますので、一度病院で診てもらってもいいかもしれません。

おすすめのアイテム:ベルタこうじ生酵素サプリの口コミが良い